山内視弘 / 画家



概要

山内視弘(ヤマウチノリヒロ)は秋田県出身の画家。宮城県在住。どこか寂しげな女性をモチーフにドローイングやアクリル画などの作品を制作し活動している。PCを使用した作品制作も並行して行っている。



作品の特徴

水彩絵具、鉛筆、マーカーペンなど比較的安価な画材で描かれた作品がほとんどである。緻密な表現ではなく即興的な表現で描かれた作風が特徴。

PCを使用しての制作(いわゆるデジタル画)もおこなっており、一枚絵のほか、GIFアニメーション作品も制作している。デジタルでの表現はいずれも単純な色面のものが多い。



経歴

1993 秋田県生まれ

2014 秋田公立美術工芸短期大学工芸美術学科 卒業

2016 宮城県移住と共に画家の活動開始

2017 「100人のおやさいクレヨン画展(主催:mizuiro㈱)」グループ展(青森県,青森県立美術館)

2019 「COPIC AWARD 2019」入選



主な作品



Web,SNS

この作家の作品・人物についてもっと知りたい方はウェブサイトやSNSを是非ご覧ください。